便の状態

便秘の観察が欠かせない

赤ちゃんの便秘を適切に解決するには、原因の特定が欠かせません。時々出る便の状態や、赤ちゃん自身の機嫌を観察して理由を探ってみましょう。 例えば人間と同じように兎の糞のような便が出る場合、水分が不足している可能性があります。離乳食にフルーツなど水分量の多い物を増やすようにしましょう。 排便状況だけでなく、赤ちゃんの機嫌が悪い場合、母乳が足りていない可能性もあります。どのような人間でも食べ物の量が少なければ便が出ず、便秘症状を引き起こします。こうした場合は赤ちゃんが満腹になるまで、しっかりと母乳を与えるようにしましょう。 また、便秘はヒルシュスプルング病など病によって発生する事もありますので、注意が必要です。

赤ちゃんのための豆知識

近年赤ちゃんが便秘になった場合、自宅で対処できる様々な対処方法が存在していますので、学んでみましょう。 例えば、麺棒を使ってお尻を刺激する方法が存在しています。清潔な麺棒の先にベビーオイルをつけて、肛門を刺激してみましょう。これは食事の水分量が足りずに便秘になっている場合、有効な方法ですので行なってみましょう。 他にも、ベビーオイルを清潔な掌に塗り、赤ちゃんのお腹をゆっくりマッサージしてみましょう。「の」の字を書くように、丁寧に撫でます。これにより、腸が刺激され、正常な排便が行われる場合があります。 こうしたマッサージを行なうベビーオイルは多様な種類の物が販売されていますので、赤ちゃんの身体に優しいものを購入してみましょう。