便秘の改善

便秘解消に効果的な方法

大人、特に女性がなりやすいと言われる便秘。 実は、生まれたばかりの赤ちゃんでも便秘になるんです。 正確に言うと、便秘というよりは排便ペースの変化です。 特に生後まもない赤ちゃんの便秘の要因のは 母乳の赤ちゃんは、母乳不足と言われ、便の回数が減りやすいため。 完全ミルクの赤ちゃんは、ミルクの消化に時間がかかり 便秘がちになるためであると言われています。 お腹が張って苦しそうな様子であれば、 指の平3-4本を使ってお腹に大きく円を描くような 「の」の字マッサージがおススメです。これはかなり便秘解消になります。 そして、赤ちゃんを仰向けに寝かせて、 足をもってお腹の方向に向けて「1.2.1.2」と左右の足を順に動かすストレッチや、 ベビーオイルを含ませた綿棒を肛門に入れるお尻マッサージも効果的です。

離乳食が始まった赤ちゃんには

離乳食が始まると、赤ちゃんの成長と共に、 便を体の中に溜められるようになってくる為、必然的に便の回数が減ります。 また離乳食が始まる事により、ミルクや母乳の量がへるため、 赤ちゃんが水分不足に陥りやすくなります。 1日一回でも、3日に一回でも、堅すぎずスムーズな便がでるようであれば、 何も心配する事はありません。 大事なのは、便の固さなので、 離乳食の合間に、白湯や麦茶をたくさん飲ませ、水分不足にならないように ママが気をつけて欲しいものです。 また固形物が食べられない時期であれば、ヨーグルトやジュースなど、 乳酸菌を多く含むものを与えると便秘解消にとても効果的だと思います。 効果的に水分補給をさせておくと、 後々の便秘の心配もなくお母さんも安心です。