大切な赤ちゃん

赤ちゃんにきれいなお水を

生まれたばかりの赤ちゃんは、とても小さく、自分と同じ人間とは思えないほど儚く繊細な存在です。まずはお腹が空いたときに泣いて、ママのおっぱいやミルクをもらうことから生活が始まります。 赤ちゃんに与える水は、一度沸騰させた白湯を与えましょうと病院でも教えられますが、水道水に含まれる塩素の臭いを嫌う赤ちゃんが多いということも一つの理由です。また、ママも綺麗な水を飲みましょうという考え方が主流になってきました。綺麗な水を飲んで、それが母乳となり、赤ちゃんにも伝わるのです。気にしてるママであれば、赤ちゃんがお腹の中にいるときから、食事ばかりだけではなく、水にもこだわっているようです。そういった考えのママが増えてきています。

ママのストレスにならないことが大切

生まれてまっさらな状態の赤ちゃんの細胞を綺麗なまま保ちたい、そう考えるママは多いのではないでしょうか。添加物や着色の少ない食事を与えたり、綺麗な水を飲ませたいと考えることは自然なことです。 妊婦の場合も、カフェインの多い飲み物は控えたり、香辛料の多い食事を控えたり、と気にし始めるとキリがありません。 しかし、ここで大事なのは、こだわりすぎるためにストレスになってしまえば元も子もないということです。 もちろん、赤ちゃんのためにできることは何でもしたいと思うのが愛情ではありますが、好きなコーヒーが飲めなかったり甘いものが食べられないというストレスがたまりすぎることが一番体に悪いのです。 赤ちゃんだって同じ人間なので、水道水が飲めないわけではありません。特に日本の水はとても綺麗なので心配するほどではありません。 自分に合ったやり方で、赤ちゃんの飲食を支えていくことが大切なのです。